恐ろしいテング熱は要注意!

いよいよ話題爆発中のデング熱。

テングじゃなくてデング熱。

遂にタレントで感染者が出たようですが

いったい誰が?

そもそも、デング熱とはいったいどんな

症状がでるのか?

調べてみました。

2014-12-04_103944

タレントで感染者!?いったい誰が・・・

現在、新たな感染者が現れ、

計50人以上に上っています。

国内感染はなんと70年ぶり。

エボラ熱といいデング熱といい。

感染症が目立ちますね・・・

しかもタレントでも感染した人が出てきていて、

青木英李さん(25)と、紗綾さん(20)の二人。

二人は、情報番組「王様のブランチ」(TBS)で

リポーターを務めていて、

収録中に感染した模様です。

しかし、リストには載っていないとの事。

今後は、リストにも載ってくると思いますが

数え切れない人が、次々感染中です・・・

恐ろしい。

 

感染した場所はどこか?

8月21日にブランチのロケを行った代々木公園

で感染した可能性が濃厚らしいです。

他の人もどうやら代々木公園で蚊に刺されてから

デング熱の症状が出てるんだとか。

仕事だから仕方ないとしても

やっぱりかわいそう・・・

 

デング熱の症状は?

デング熱は、デングウイルスが原因の感染症。

症状は、発熱・頭痛・筋肉痛・関節痛

そして、はしかの症状ににた皮膚発疹がみられます。

どこが蚊に刺されたところなのか分からないくらい
の湿疹・・・

こんなになってる人が近くにいたら感染しちゃうんじゃないかと

思いませんか?

 

デングウイルスは感染する?

 

デングウイルスは、ヒトからヒトへの感染はしない。

という事のようで、あくまで蚊を媒体に感染していく

感染症なんですね。

ですから、デング熱にかかった人がいても無闇に

避けたりしないであげてくださいね。

うつりませんから!!

 

2回目の感染は重症化する!?

詳しい原因は、現在のところ解明されていないようなのですが、

2回目の感染で、1回目とは異なる血清型デングウイルスに感染すると、

デング出血熱やデングショック症候群のリスクが飛躍的に上がり重症化

する恐れがあるそうです。

重症化した場合の死亡率は、なんと26%にも及ぶそう。

100人が重症化したら実に26人もの人が死ぬということになりますね。

ちなみに、1回目の感染には気付かない人も多いのだとか・・・

1回目の感染に関しての死亡率はわずか1%。

もしかしたら、あなたもデングウイルスに1度は感染して

いるかも分かりませんね。

 

爆発的な感染力

デングウイルスに感染した人の中でも

自分がデング熱に感染したことに気付かない人もいるということ

なのですが、 これも感染拡大になる要因の一つなのではないでしょうか。

感染者が感染に気付かず、デングウイルスを保有したまま蚊に

刺される。そして、感染した蚊がまたヒトを刺す。

という具合に、次から次へと感染を拡大していくんですね。

 

デング熱を予防する方法

デングウイルスの感染を予防する方法としては、

ウイルスを保有している蚊に刺されない事。

これ以外にはなさそうですね。

現在、デングウイルスに対するワクチンも開発中との事で

今後、ワクチンが出てくる予定になっていますが、

認可がおりるまでにどれくらいかかるのか・・・

それまでは、宅内では蚊に効くカトリスがおすすめ!

 

■蚊に効くカトリス

臭いもしないし、電池で動くから

コンセントを埋めることもありません。

使いやすい。

特に気をつけてもらいたいのが、外出時ですね。

感染している人は、ほとんどの人が公園に行った時。

ですから、公園でお子さんと遊ぶときや読書がしたい時

などは、しっかりと予防していきましょう。

そんなときには、こちらがおすすめ。

■虫除けバンド

手にはめるだけで大丈夫!

虫除けスプレーがどうしても合わない!という人や、

赤ちゃんに最適!

■スキンベープミスト

虫除けスプレーだと子供が吸引してしまう恐れがありますが、

こちらのスキンベープミストなら手にとって塗ってあげる事で

誤吸引を防ぐことができますね。

嫌なにおいもしないし、小さめのボトルなのでポーチにすっぽり!

持ち運び便利で嬉しい一品♪

■ナイス蚊っち

超攻撃的なあなたにおすすめ。

予防したって寄ってくる・・・

そんな血に飢えた蚊をデングウイルスごと

一瞬で焼き尽くす最強の武器。

まとめ

デング熱は、油断していると本当に大変な病気です。

熱は出るし、やる気も出ないし(倦怠感)、ボツボツはできるし・・・

何より2回目以降は、出血性の重症になる恐れがあるという事・・・

感染してから後悔しても遅いでしょう。

ですから、感染していないであろう今のうちに予防をしておきましょう。